沖縄の恵みと知恵を、日々の生活に。Okonawa's wisdoms and blessings

琉Q - ルキュー

カートを見る

沖縄八重山の島胡椒ピィパーズ

原材料名 /
販売価格 702円(税込)
在庫状況
購入数
カートに入れる

配送・送料について

ヒハツモドキ(沖縄県産ピィパーズの実100%)

沖縄八重山の島胡椒 ピィパーズ Yaeyama Okinawa pepper PIPAZU

ピィパーズを生かす会の西表秀夫さんにピィパーズについて聞きました。

ピィパーズとは、どんな食べ物なのですか?
ピィパーズは、八重山で昔から食べられてきた島胡椒です。石垣島の旧盆には、ご先祖様を迎えるために、庭先に生えているピィパーズの新芽を摘んできてご飯に混ぜ込み、炊き込みご飯を作っています。沖縄にはピィパーズの香りを楽しむような食文化が根付いているんです。一般的に良く使われているのは、摘んだものを天日干しにし乾燥させて、粉末状にしたものです。八重山そばに欠かせない香辛料として親しまれていて、どこの沖縄そば屋さんに行ってもテーブルの上にあります。
ピィパーズは、いつから沖縄で食べられているのですか?
遡ると、14世紀の琉球王国にはピィパーズがあったという文献が残っています。先人が交易で南方から取り入れて、朝鮮、中国あたりに運んで行ったという歴史も記されています。
地元の人ならではのピィパーズの使い方は、何ですか?
若葉は、刻んで炊き込みご飯や卵焼きに入れたり、そのまま天ぷらにもします。生の実は、すりおろしてワサビの代わりに使い、刺身を食べたりします。また料理用の薬味としても利用します。実は、天日で乾燥させ粉末胡椒にして、沖縄そばやチャンプルーなどに入れます。
最近、ピィパーズは入手が難しくなっているのですか?
最近では、沖縄県産のピィパーズ100%の胡椒はすごく貴重です。ピィパーズは挿し木でしか増えず、苗を作ってもうまく育たない、難しい植物なんです。「ピィパーズを生かす会」では、ピィパーズを絶やさないように増やして行こうという活動を行っています。

沖縄八重山の島胡椒ピィパーズ

原材料 /
販売価格 702円(税込)
在庫状況
購入数
カートに入れる

配送・送料について

沖縄八重山の島胡椒ピィパーズ
702円(税込)
購入数
カートに入れる